>

好印象なカラーとは

服の色で印象が変わる

格式高いフォーマルな場に出なくてはならない、そんな情景を思い浮かべてください。
服装は何色を選ぶでしょう。
おそらく大体の方が「黒」を想像したのではないでしょうか。
黒は格式や高級感、重圧的といったイメージ・印象を持つ色なのです。

色にはそれぞれイメージと、相手に与える印象への大きな力があります。
同様にフォーマルでイメージする白であれば、高貴で崇高、清らかで潔癖なイメージではないでしょうか。
ビジネススーツに多い紺色は、確かに誠実さと信頼感を印象づけますね。
赤は強い情熱とパワーに緊張し、緑ならカジュアルな中に自然と癒し、安全な印象です。
女性らしさを印象づける代表としては、ピンク色がやさしさと幸福感を与える色といえるでしょう。

TPOと相手に与える印象を考えて、ファッションのカラーを考えることも時には必要で大事なことになります。

色はあなたの気持ちも変える

色の持つ印象を積極的に活用して、自分の気分を変化させたり、気持ちの助けとすることが出来ます。

自信がない時にはパワフルな赤を、緊張感が強い時はそれをやわらげ癒す緑を、信頼を高めたい時は紺色を、パーソナルカラーや3色ルールのどこかに取り入れてみてはどうでしょう。

ところで、自信に満ちた印象の赤や女性らしさと親密感を表すピンク色も、実は印象の強さからあまり好まない人もいます。
そこでおすすめなのは、青とオレンジ色です。これらは誰にでも好印象を与えるといわれる色です。

誰かと初対面で緊張するような時は、冷静で落ち着きのある青や、社交性を表すオレンジ色で余裕と自信も身にまといましょう。

色によって人に伝わる印象が変わるように、身に着けるあなた自身も勇気づけてくれるカラーコーディネート。
ぜひ、毎日の生活で手軽に始められるイメージチェンジの一つとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。


SHARE!